子ども・子育て

子ども・子育て

「子ども室より子ども室ミニ展示のご紹介」

「子ども室より子ども室ミニ展示のご紹介」

 

  • 子ども室ミニ展示(場所:子ども室)

『追悼 さとう わきこさん』

令和6年3月28日に89歳で亡くなった絵本作家のさとう わきこさんの追悼展示として、作品や関係する資料を展示します。

追悼展示「さとうわきこさん」の展示写真

本をお探しの時は、カウンターでお尋ねください。

5月15日「あかちゃんのためのおはなし会」参加者募集中!

わらべうたや絵本の読み聞かせなど、親子で一緒に楽しむおはなし会を開催します!

あかちゃんのためのおはなし会のチラシ(おもて面)あかちゃんのためのおはなし会のチラシ(裏面)

 

  1. 対象
    0歳児(月齢5ヶ月以上)とその保護者
    注:各回開催日時点での月齢。

  2. 参加費:無料

  3. 場所:大分県立図書館 1階 第6研修室

  4. 開催日:5月15日(水曜日)

  5. 時間
    第1部:10時30分から11時
    第2部:11時15分から11時45分
    注:第1部と第2部は同じ内容です。

  6. 申込方法(事前申込み)
    下記URLリンク先の申込フォームから申請、または大分県立図書館に直接来館し、子ども室に申込書をご提出ください。(17時以降は中央カウンターにご提出ください。)
    https://www.oita-library.jp/kodomo_form/cat1
    注:参加の可否については、各開催日の1週間前までに原則メールでお知らせいたします。
    注:申込者多数の場合は抽選になることもあります。

  7. 申込受付期間
    前回実施日から、各実施日の2週間前まで


【お問い合わせ】
大分県立図書館児童サービス担当(子ども室)
電話:097-546-9981(9時から17時受付)

令和6年度こどもの読書週間・子ども読書の日関連行事のお知らせ

県立図書館では、4月23日の「子ども読書の日」から5月12日までの

「こどもの読書週間」の期間に合わせ、親子で楽しめる様々な行事を実施します。

ぜひ、みんなで遊びに来てください。


 詳しくはこちらで、チラシ(PDF963KB)ご確認ください。


問い合わせ先
 県立図書館学校・地域支援課 担当まで
  TEL 097-546-9978(直通)
  FAX 097-546-9985

「子ども室より4月の展示のご紹介」

「子ども室より4月の展示のご紹介」

  •  子ども展示(場所:子ども室)

『本っておもしろい!~国際アンデルセン賞受賞作家・画家作品~』

今年の、国際アンデルセン賞受賞者が発表されます!

国際アンデルセン賞は、優れた児童文学の作家や画家に贈られ「小さなノーベル賞」とも呼ばれています。

県立図書館では、そうした歴代の国際アンデルセン賞受賞作家・画家の本を展示します。

 

 子展示「本っておもしろい」の展示写真

  • ティーンズコーナー展示(場所:子ども室)

『いとをかし、古典文学』

県立図書館では、ドラマやアニメで話題の古典文学について知ることができる、10代向けの本を展示しています。

皆さんの試験対策に役立つ本も置いているので、ぜひ活用してみてください!

 

 10代展示「いとをかし古典文学」の展示写真

  • 子ども大分展示(場所:子ども室)

『久留島武彦の150年』

大分県出身の児童文学作家で日本のアンデルセンとも呼ばれる、久留島武彦氏が生誕150年を迎えます!

これに合わせ、県立図書館では、久留島武彦氏が書いた童話や、久留島武彦氏について知ることができる本を展示しています。

 子大分展示「久留島武彦の150年」の展示写真

 

  • 季節の展示(場所:子ども室)

季節に合わせた展示をしています。
「春」「入園・入学」「こいのぼり」です。

子ども季節の展示写真

 

  • 子育て情報コーナー展示(場所:子育て情報コーナー)

『こどもを守る防災の本』

地震、台風、豪雨などからこどもを守るための防災の本を展示します。災害時のこどもへの心理的応急処置や、こどもを楽しませながら避難訓練をする防災ピクニックなど、本を読んで防災を考えてみませんか。

 

 子育て展示3.4月の展示写真

本をお探しの時は、カウンターでお尋ねください。

4月28日「そよかぜおはなし会」

4月28日(日曜日)に「そよかぜおはなし会」を開催します。

そよかぜの季節にぴったりのおはなし会です。

絵本の読み聞かせやおはなし、わらべうたなどを行います。

お友だちやご家族、みんな一緒に、ぜひご参加ください!

 

  • 午前の部
    時間:11時から(40分程度)
    対象:幼児向け
  • 午後の部
    時間:14時から(40分程度)
    対象:幼児・小学生向け
    注:午前と午後は別のプログラムです。
  • 場所:大分県立図書館 子ども室 おはなしのへや
  • 参加費は無料、申込はいりません。


そよかぜおはなし会のチラシの画像

「ちっちゃなおはなし会」のお知らせ

こどもの読書週間に合わせ、大分県立図書館では「ちっちゃなおはなし会」を開きます。

1回10分の小さなおはなし会です。

本や司書とのふれあいに、ぜひ、ご参加ください。

 

  • 開催日 こどもの読書週間中の平日
    4月23日(火曜日)から4月26日(金曜日)、5月1日(水曜日)、5月2日(木曜日)、5月8日(水曜日)から5月10日(金曜日) 
  • 時間  10時30分から10時40分
  • 場所  子ども室マットコーナー
  • 対象  幼児
    注:申し込みはいりません。

ちっちゃなおはなし会のチラシの画像

令和6年度おはなし会のお知らせ

大分県立図書館では、読み聞かせやわらべうた、紙芝居、ストーリーテリングなどの楽しい会を、毎週行っています!

4月から、時間や対象年齢、名称に変更のあるおはなし会があります。

くわしくは、下記のページより、各種おはなし会についてご覧ください。

https://www.oita-library.jp/cat5/cat4
 

おはなし会へのご参加、お待ちしております♪

令和6年度大分県立図書館おはなし会のチラシの画像

ティーンズだより通巻11号(春号)を発行しました!

ティーンズだより通巻11号(春号)を発行しました。

表面は「いとをかし、古典文学」をテーマに以下の本を紹介しています。

・『平家物語 夢を追う者』

・『エモい古語辞典』

・『<萌えすぎて>絶対忘れない!妄想古文』

・『古典がおいしい!平安時代のスイーツ』

 

裏面は一般ヤングアダルトコーナー、推薦中高生・ティーンズコーナーの貸出ランキングとランキング上位の以下の本を紹介中です。

・『あの子とQ』

・『水を縫う』

・『アメリカの中学生が学んでいる14歳からのプログラミング』 

ティーンズだよりおもて面の画像ティーンズだより裏面の画像

2024年春号ティーンズだより(PDFファイル/1.24MB)
本をお探しの時は、カウンターでお尋ねください。

【終了】子ども室より3月の展示のご紹介

「子ども室より3月の展示のご紹介」

  •  子ども展示(場所:子ども室)

『Ⅲ 3 三~3にちなんだ本、あつめました!』

今年度もあと一か月となりました。

県立図書館では、3月の「3」にちなみ、3に関連した絵本やものがたりなどの展示を行います。

 

子ども室展示「Ⅲ3三」の展示写真

  • ティーンズコーナー展示(場所:子ども室)

『あなたは何推し?』

本を読んで「推し活」をしませんか? 県立図書館では、推しをテーマにした本などを展示しています。

皆さんの新たな推しも見つかるかもしれません。

 

10代展示「あなたは何推し?」の展示写真

  • 子ども大分展示(場所:子ども室)

『おおいたと温泉』

大分の源泉の数は、日本一です。

県立図書館では、大分の温泉や別府市について知ることができる様々な本を置いています。

ぜひ、本を読んで温泉に行きましょう!

 子大分展示「おおいたと温泉」の展示写真

  • 季節の展示(場所:子ども室)

季節に合わせた展示をしています。
「春」「ひなまつり」「卒園・卒業」「入園・入学」です。

 

子季展3月

  • 子育て情報コーナー展示(場所:子育て情報コーナー)

『こどもを守る防災の本』

地震、台風、豪雨などからこどもを守るための防災の本を展示します。災害時のこどもへの心理的応急処置や、こどもを楽しませながら避難訓練をする防災ピクニックなど、本を読んで防災を考えてみませんか。

 

子育て展示3.4月

本をお探しの時は、カウンターでお尋ねください。

 

【終了】子ども室より子ども室ミニ展示のご紹介

「子ども室より子ども室ミニ展示のご紹介」

  • 子ども室ミニ展示(場所:子ども室)

『南極と北極って?』

3月9日(土曜日)にNPO法人「大分に科学を広める会」が大分県立図書館にて、極地記者の中山 由美氏をお招きし、科学講演会「南極と北極から地球がみえる」を開催します。子ども室では、中山氏の著書をはじめ、南極・北極についての本を紹介しています。

 子どもミニ展示「南極と北極って?」展示写真

本をお探しの時は、カウンターでお尋ねください。

 

科学講演会「南極と北極から地球がみえる」については、詳しくは下記をご覧ください。

科学講演会「南極と北極から地球がみえる」(外部リンク) (事前の参加受付は終了しました)