県立トップページ > 調べる・相談する> 大分県関連のレファレンス事例集> 4.統計> 各時代別の県内市町村数と人口を知りたい。 

各時代別の県内市町村数と人口を知りたい。

・市町村数の変遷

明治以降の県内市町村数は以下のとおりです。明治以前の町村数(集落数)は、記録がないため、調べることができませんでした。

 明治 4年(1871):市 0・町17・村1801 → 計1818※
   11年(1878):市 0・町 9・村1128 → 計1137
   22年(1889):市 0・町14・村 265 → 計 279
 昭和28年(1953):市 7・町40・村 148 → 計 195
   31年(1956):市11・町33・村  23 → 計  67
   38年(1963):市10・町36・村  15 → 計  61
   42年(1967):市11・町35・村  12 → 計  58
   44年(1969):市11・町36・村  11 → 計  58(H17まで続く)
※豊後のみ町村数
~『GUIDE-O』より~

・県内市町村の人口推移がわかる資料

第1回国勢調査は大正9年に行われています。それ以前の人口は、『大分県統計書』で確認することができます(『統計でみた大分県』にも採録されています)。明治以前の人口を把握することはできませんが、研究者による全国の人口の数値を知ることができます。


 

参考資料

・『GUIDE-O』大分県 2006年(K290/O34)
・『大分県市町村合併推進要綱』大分県総務部市町村振興局 2000年(K318/O34)
・『統計でみた大分県』大分県企画部 1969年(K350/O34)
・『日本二千年の人口史』鬼頭宏/著 PHP研究所 1983年(334.2/83)

 

キーワード

・人口
・市町村