展示

展示

【終了】一般資料室 入口展示2 『身の回りのデザイン~プロダクトデザインとパッケージデザイン~』

『身の回りのデザイン~プロダクトデザインとパッケージデザイン~』     
2024年4月18日(木曜日)から5月15日(水曜日)まで

 

大分県立美術館では4月5日(金曜日)から5月6日(月曜日)まで「つくる展-TASKO(タスコ)ファクトリーのひらめきをかたちに-」が開催されます。 
この展示に合わせて大分県立図書館でもデザインに関する本を集めて展示します。
私たちの身の回りにあるデザインの魅力を感じてみませんか。

 

★資料の一部をご紹介★    
『愛されるブランドのパッケージデザイン』
デザインノート編集部/編著 誠文堂新光社 2024.1 675.1/2024
『かたちには理由がある』秋田 道夫/著 早川書房 2023.8 501.8/2023
『プロダクトデザインのスタイリング入門』
ピーター・ダブズ/著ほか ビー・エヌ・エヌ 2023.6 501.8/2023     等

 

【終了】一般資料室 入口展示1 『物流の2024年問題 ~流通と地産地消を考える~』

『物流の2024年問題 ~流通と地産地消を考える~』     
2024年4月17日(水曜日)から5月14日(火曜日)まで

 

トラックドライバーへの時間外労働規制の強化により人手不足の深刻化や運送量の減少が心配されている「2024年問題」、ニュースや新聞でも話題になっています。
物流や運送業についての本を集めて展示します。この機会に私たちの生活にかかせない物流について考えてみませんか。

 

★資料の一部をご紹介★    
『図解よくわかるこれからの物流読本』内田 明美子/著 同文舘出版 2024.2 675.4/2024
『物流とSDGs』森 隆行/著 同文舘出版 2023.5 675.4/2023
『「送料有料」です!』森田 富士夫/著 白桃書房 2023.1 685.6/2023     等

 

【終了】一般資料室 入口展示2 『私たちの健康と塩』

『私たちの健康と塩』     

2024年3月19日(火曜日)から4月17日(水曜日)まで

 

私たちの食事に欠かせない塩。一方で摂りすぎると生活習慣病の要因にもなってしまいます。

塩のはたらき、歴史の本や、食べ物を買ったり料理を作ったりする際に参考になる本をご紹介します。

忙しいこの時期、体にやさしい食事で自分や家族をいたわりませんか?

 

★資料の一部をご紹介★ 

『塩分早わかり』牧野 直子/監修 女子栄養大学出版部 498.5/2019/

『めざせ塩分マイナス2gコンビニ・総菜も活用かんたん!減塩めし』本田 よう一/料理  女子栄養大学出版部  596/2023/

『江戸川柳で読み解く塩・味噌・醤油』清 博美/著  三樹書房  383.8/2022/

『日本と世界の塩の図鑑』青山 志穂/著  あさ出版 669/2016/

私たちの健康と塩の展示写真

【終了】一般資料室 入口展示1 『夢の地方暮らしを叶えるために』

『夢の地方暮らしを叶えるために~移住する人、移住者を迎える人に向けて~』

2024年3月14日(木曜日)から4月16日(火曜日)まで

 

大分県は、移住者への支援や地域おこしを長年続けています。その甲斐あって、宝島社『田舎暮らしの本』2024年2月号の「移住したい都道府県ランキング8位」に選ばれました。これを機に、大分県への移住を検討する人、移住者を迎えたい人に向けた資料を紹介します。

 

★資料の一部をご紹介★      

『「集落の教科書」のつくり方 移住者を助けるガイドブック』318.6/2022

『子育て世代のための 快適移住マニュアル』611.9/2022

『地域発!つながる・集める施設のデザイン』526.3/2019       等

夢の地方暮らしを叶えるためにの展示写真

【終了】一般資料室 特集展示 『南極と北極』

一般資料室 特集展示 『南極と北極』    

2024年2月22日(木曜日)から2024年3月12日(火曜日)まで 

 

3月9日(土)に開催する科学講演会「南極と北極から地球がみえる」に合わせて、南極と北極についての資料を展示します。

南極北極での生活に関する本から、講師の中山由美氏の著作、ペンギンやアザラシのかわいい写真集までたくさんの資料を集めて展示します。ぜひご覧ください。

 

★資料の一部をご紹介★      

『南極で宇宙をみつけた! 生命の起源を探す旅』 』297.9/2010

『こちら南極ただいまマイナス60度 越冬460日のホワイトメール』297.9/2005

『南極ってどんなところ?』402.9/2005

『北極探検隊の謎を追って』451.9/2020

『深海ロボット、南極へ行く』558.3/2023   など

南極と北極の展示写真